知っておきたいプロテクションフィルム

このサイトではプロテクションフィルムを施工する場合の注意点や湿気に弱い点、車検のことなどを解説しています。
ボディにはそのフィルムを貼り付けるのが当然の様に行われていますが、その美観の良さやキズを付きにくくする効果が期待できるためです。
自分でも行うことが可能ですが、湿気などの加減などでも調整する必要があり、上手くいかないこともあるので注意点を押さえることがポイントになります。
もっともしっかり手順を押さえるためにも、手順書をよく読んで手順に従って行う必要があります。

プロテクションフィルム施工時の注意点

プロテクションフィルム施工時の注意点 プロテクションフィルムを自分で装着を行う場合の注意点は、貼り付けるための手順が存在するため、その手順に従って行うことがポイントです。
まずは自動車ボディのメンテナンスをしっかり行う必要があり、表面の汚れや埃を除去することを重点に行います。
その上でプロテクションフィルムを貼り付けていきますが、塗装とフィルムの間に湿気を持たせない様にする必要があります。
そして空気や汚れを含まない様にしっかりと貼り付けを行っていきます。
もっとも見栄えをより良くしたい場合や保護を強化したい場合には、コーティング処理を施すことでより美しい仕上がりにも繋がります。
どうしても美しい仕上がりに拘りたい方は料金がかかってしまいますが、プロの施工業者に行って貰った方が実績や保証も存在するため、綺麗な仕上がりが期待できます。

プロテクションフィルムのメリットと施工をするには?

プロテクションフィルムのメリットと施工をするには? プロテクションフィルムとは、耐久性に優れた透明なフィルムのことでこれを保護したい面に貼り付けることにより、傷や汚れから守ることができます。
特にプロテクションフィルムが使われるのは高級車や希少車などで、これらの車のボディをきれいな状態で保護してくれます。
自動車は走行していると飛び石によって塗膜を傷つけることがありますし、雨の日などには汚れてしまいます。
それにアスファルトピッチはこびりつくと専用の洗剤を使わなければ落とすことができません。
またドアノブ部分や鍵の周辺は気をつけていても、傷が付いてしまいます。
これらの症状から塗装面を守ることができるのがプロテクションフィルムです。
プロテクションフィルムのメリットは、施工が容易であることと除去が簡単に行えることです。
耐久性は5年程度ですがメーカー推奨では2年から3年程度で再施工した方がベストコンディションを保つことができます。
またボディ全体のほか汚れやすいバンパーやヘッドライト、ボンネットやルーフ、ボディの下部だけに付けることもできます。
それに除去するのも簡単なので、傷ついたらいつでも剥がすことができるので、再施工のしやすさもプロテクションフィルムの魅力です。

プロテクションフィルムおすすめ情報

プロテクションフィルムの施工実績が豊富

新着情報

◎2018/11/30

サイト公開しました

「プロテクション フィルム」
に関連するツイート
Twitter