知っておきたいプロテクションフィルム

プロテクションフィルムを貼った車は車検は大丈夫?

プロテクションフィルムを貼った車は車検は大丈夫? 最近は透明断熱フィルムなるものが販売されていて、夏の暑さのジリジリ感を軽減してくれる機能性フィルムが人気になっています。
車のフロントガラスにプロテクションフィルムを貼ることは可能ですが、気になるのが車検に通るかどうかです。
運転席と助手席には透過率の問題があり、フロントガラスの場合70%以上なければならない規定があります。
何も貼ってない状態のフロンドガラスの透過率が78%ほどなので、70%以上というのはほとんど透明であることを意味しています。
透明断熱フィルムの施工でも透過率は1%から2%ほど下がるので、色付きのフィルムを貼ることは不可能です。
プロテクションフィルムは透明なので、フロントガラスに貼っても透過率70%以上あれば車検は大丈夫です。
ただディーラーもしくは車屋さんが、貼ってあるとダメと言われることもあります。
目に見えないフィルムの劣化や傷、ガラスの汚れなどで、透過率が70%を下回ってしまう場合があるからです。
従ってプロテクションフィルムを貼る場合は、ディーラーなどによく相談してから行うことです。

プロテクションフィルムはフロントガラスに貼れるのか?

プロテクションフィルムはフロントガラスに貼れるのか? プロテクションフィルムはボディやライトに貼ることができるだけではありません。
その他の使い方としてたとえばフロントガラスなどにも貼ることもできます。
そうすることで飛び石による傷を防ぐことができます。
前方を走っている車から小さな石が跳ね上げられてフロントウィンドウにぶつかると、小さな傷が入ってしまうことがあります。
最初は小さくても徐々にヒビが広がっていくこともあり、そのような状態で走行するのは大変危険です。
プロテクションフィルムをフロントガラスに貼っておくと、石がぶつかってもガラスに直接傷がつくことを防ぐことができるわけです。
透明素の高いフィルムなので、プロテクションフィルムを貼ることで視界が遮られてしまうという心配もありません。
フィルムが劣化してきた場合は剥がすことができるので大丈夫です。
施工については、やはり広範囲になるのでプロの専門業者に依頼するのが良いでしょう。
剥がす時も同様にプロに依頼するのがおすすめです。

新着情報

◎2019/10/9

反社を防ぐ機能も
の情報を更新しました。

◎2019/8/8

プロテクションフィルムと洗車機
の情報を更新しました。

◎2019/6/12

プロテクションフィルムの上手い貼り方
の情報を更新しました。

◎2019/4/3

プロテクションフィルムのカラー
の情報を更新しました。

◎2019/2/18

サイドシルを保護
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「フィルム 車検」
に関連するツイート
Twitter